中小企業退職金共済制度(中退共制度) 

中小企業の退職金を国がサポートします! 法律で定められた社外積み立て型の退職金制度です


制度のしくみ
制度の概要

@   事業主が中退共と退職金共済契約を結び、従業員が退職したときは、その従業員に中退共から退職金が直接支払われます。

A   毎月の掛金は金融機関に納付します。掛金は全額事業主負担です。   

制度の特色
制度の特色

国の助成
  掛金の一部を国が助成します。
  
掛金助成制度

全額非課税
  有利な税法上の特典があります。

簡単な管理
  毎月の月の掛金は口座振替です。

掛金月額の変更
  掛金月額はいつでも変更できます。

通算制度
過去の勤務期間の通算や転職した場合の通算ができます。
通算制度

退職金の支給
機構・中退共から直接、従業員に支給されます。
退職金

加入条件
加入の条件

加入できるのは、次の企業です。ただし、個人企業の場合は、常用従業員数によります。
業種 常用従業員数                       資本金・出資金
一般業種(製造・建設業等)        300人以下 または 3億円以下
                
卸売業                  100人以下 または 1億円以下
              
サービス業             100人以下 または 5千万円以下
                
小売業                    50人以下 または 5千万円以下
 常用従業員には、一週間の所定労働時間が同じ企業に雇用される通常の従業員とおおむね同等である者であって、@雇用期間の定めのない者、A雇用期間が2か月を超えて雇用される者を含みます。

加入させる従業員
従業員は原則として全員加入させてください。
ただし、次のような人は加入させなくてもよいことになっています。
 期間を定めて雇われている人
 試みの雇用期間中の人
 休職期間中の人
 定年などで短期間内に退職することが明らかな人

毎月の掛金
掛金

掛金月額の種類は16種類です。事業主は従業員ごとに任意に選択できます。
5,000
円 〜 30,000
 
短時間労働者(パートタイマー等)は、上記の掛金月額のほか特例として次の掛金月額でも加入できます。
 2,000
      3,000      4,000

お申し込みは、当会で。

よくわかる中退共制度詳細版(あらまし)パンフレット

 詳しくは下記ホームページで
 独立行政法人勤労者退職金共済機構・中小企業退職金共済事業本部(中退共)
 
Q&A                 

このページのトップへ 四谷青色申告会