記帳指導について

記帳は事業の損得を記録し、最終的に決算書をつくるためのものです。
収入になるものやならないもの、経費になるものならないものを区分するためにも必要です。

    青色申告会とは
青色申告会のおすすめ

青色申告特別控除55万円(又は65万円)の適用を受けるには

この青色申告特別控除55万円(又は65万円)の特典をお受けになるには一定の形式にのっとった帳簿が必要です。それは、正規の簿記の原則による記帳(複式簿記)が要件となっています。

会計ソフトでの記帳指導

当会では、弥生株式会社の青色申告推奨会です、会計ソフトでの記帳指導は「やよいの青色申告(パッケージ版)」で行っています。

  • このソフトを使用して、現金出納帳や預金出納帳(普通預金)を入力すれば、各科目(売上・仕入・通信費・消耗品費等)に自動に振替、計算を行います。
  • 会計ソフトでの記帳は、始めの設定(前年残高・資産等の内容の入力、減価償却資産の入力、取引内容による仕訳・頻度の高い摘要の設定など)が肝心になります。
  • 手書きの記帳は現金出納帳等の記帳の後にその一行一行を各科目(売上・仕入・通信費・消耗品費等)のページに振替、合計の計算をします。
    パソコン(Win)をお持ちでない等方は手書きの簡易帳簿による記帳もあります。
  • 不動産所得で青色申告特別控除55万円(又は65万円)の適用を受けるには事業的規模(形式的には5棟10室)が必要ですが、事業的規模でない方も記帳に便利な「やよいの青色申告」を使用する方が増えています。
  • ※「やよいの青色申告」以外の会計ソフトでの指導については、その扱いについても不慣れですので、「やよいの青色申告」をお勧めしています。ご了承ください。