経営セーフティ共済について

取引先に不測の事態が生じた場合の資金手当(貸付け)をいたし,中小企業が連鎖倒産や経営難に陥ることを防ぐための制度です。

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)とは

経営セーフティ共済のポイント

経営セーフティ共済HP
  • 無担保・無保証人で、掛金総額の10倍(最高8,000万円)まで借入れ可能
  • 掛金月額は5,000円~20万円まで自由に選べ、増額・減額できます。
  • 掛金は、税法上全額が損金(法人)又は必要経費(個人の場合)に算入できます。不動産所得のみの個人事業主は必要経費に算入できません。

特徴等

  • 掛金は、税法上全額が必要経費(個人の場合)に算入できまが、不動産所得のみの個人事業主は必要経費に算入できません。
  • 加入後、増・減額ができます(ただし、減額する場合は一定の要件が必要)。
  • 総額が800万円になるまで掛金を積み立てることができます。
  • 前納すると、1月につき掛金月額の1,000分の0.9(※)の前納減額金が発生します。
  • 自己都合による解約でも解約手当金が受けとれます。
  • 掛金総額が掛金月額の40倍以上に達している場合、掛金の払込みを止めることができます。
    また、共済金の借入れを受けた場合も、6か月間、掛金の払込みを止めることができます。
  • 取引先が倒産後、すぐに借入れできる
  • 借入額は原則、50万円から8,000万円で5万円単位の額となります。
  •  詳しく ≫

詳しい内容・加入資格等はホームページ等でご確認ください。
お申し込みは当会でも扱っております。

ようこそ四谷青色申告会へのページ こちらです ≫